お問い合わせ
コラム記事Column

専任媒介契約とは|3種類の媒介契約を一挙比較

専任媒介契約とは

専任媒介契約は1社の仲介業者と契約を結び、売却するための販売活動などを依頼することができる契約方法になります。一般媒介契約や専属専任媒介契約と比べて販売活動が縛られすぎず、自身で自由に販売取引も可能なのでおすすめの契約方法です。

目次

    専任媒介契約は所有する物件の売却を希望する場合に、その仲介を1社だけに依頼する契約方法です。

    もし、これから物件の売却を検討している方は、専任媒介契約と合わせて一般媒介契約と専属専任媒介契約も知っておくと売却の際に役立ちます。

    当記事では、これら3つの媒介契約の詳細だけでなく、当記事がおすすめする契約方法である専任媒介契約で依頼する際の注意点も詳しく解説しているので、自身の物件をスムーズ且つ理想の値段で売れるようにぜひ参考にしてみてください。

    専任媒介契約とは

    専任媒介契約とは物件の売却を仲介業者に依頼する際、1社にしか依頼ができない契約方法のことを言います。

    他の媒介契約である『一般媒介契約』では複数の仲介業者に依頼することが出来ますが、専任媒介契約ではそれができません。ですが、売主自身が買い手を見つけて売買契約を締結することは可能です。

    また、専任媒介契約では媒介契約締結後7日以内にレインズ(指定流通機構)への登録、14日に1回以上は売主への状況報告が義務付けられており、媒介契約の期限が3ヶ月と定められています。

    レインズとは、不動産会社だけが利用できるサイトで、登録されている売り物件の情報が不動産会社間でシェアできるシステムです。レインズに登録することで多くの不動産会社が物件を閲覧するので成約までのペースが上がります。

    媒介契約

    不動産の売買において、売買の専門的知識の乏しい方が物件を売却しようとしても自ら買い手を見つけるのは難しいです。そこで、専門家でない方が物件売却を希望する場合は、不動産会社に仲介を依頼します。その際に結ぶ契約のことを『媒介契約』といいます。

    媒介契約は、どのような条件で売却活動をするのかを契約書で取り交わすのですが、その条件は主に以下の3つに分けることが出来ます。

    • 一般媒介契約
    • 専任媒介契約
    • 専属専任媒介契約

    先ほど説明した専任媒介契約は『媒介契約』を3つに分けたうちの一つです。

    『複数の仲介業者に依頼したいか』、それとも『1社に絞ってコミュニケーションをとりながら売却を進めてもらいたいか』は物件の状態と売り手の状況に合わせて選択する必要があるので、それぞれどんな特徴があるのか確認してください。

    一般媒介契約

    一般媒介契約は、複数の不動産会社に仲介を依頼することが出来る契約方法です。3つある媒介契約の中で一番制限が少なく、レインズへの登録も任意なので登録してもしなくても問題ありません。

    ただし、一般媒介契約の場合販売状況の報告がないため自由に売却活動ができる反面、仲介業者が物件の売却を重要視しない可能性があるというデメリットがあります。なので、一般媒介契約で契約を結ぶ場合は、売りに出すだけですぐに売却できるような営業努力が少なくて済む物件の場合のみ利用するのがおすすめです。

    また、一般媒介契約は『明示型』と『非明示型』があり、それぞれ以下のような内容の方法なので把握しておきましょう。

    • 明示型

    他の不動産会社にも重ねて媒介契約を結んでいることを知らせる

    • 非明示型

    複数の会社に依頼しているのかどうか、もし結んでいる場合はどこの仲介業者に依頼しているのかどうかを知らせる必要がない

    専属専任媒介契約

    専属専任媒介契約は専任媒介契約と内容は基本的に同じですが、契約内容がより厳しくなり売却物件の状況を短い期間で確認することが出来ます。

    また、専属専任媒介契約だけは売主自身で買い手を見つけて契約することが出来ないので、もし知り合いなどで物件の購入希望者が現れた場合は不動産会社に媒介業者として間に入ってもらってから契約しなくてはなりません。そのため、直接売買契約を結ぶよりも仲介料のせいで余計な費用が買い手にかかってしまうデメリットがあります。

    専属専任媒介契約は専任媒介契約と比べると、媒介契約締結後5日以内にレインズへの登録、売主への報告は7日に1回以上と期間が短くなっており、より最新の情報を報告してもらうことが可能です。

    販売状況をこまめに確認ができて、専任媒介契約以上に営業・宣伝に力を入れてもらいたい場合は専属専任媒介契約がおすすめです。

    レインズとは

    各媒介契約の説明の中で出てくる『レインズ』とはどういったものなのでしょうか?

    レインズとは、国土交通大臣から指定を受けた不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステムのことです。正式名称は『Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)』で英語の頭文字を並べてレインズ(REINS)と呼ばれています。

    レインズは不動産会社しか利用することができないシステムで、売買取引されている多くの物件情報が登録されています。基本的に不動産会社などの仲介業者はこのシステムを利用して、賃貸物件の提供を行うことで仲介手数料を得るのです。

    一般の方は基本的に閲覧できませんが、自身が売りに出している物件がレインズに登録されている場合は、その物件に限り閲覧することができます。

    おすすめは『専任媒介契約』

    物件を売却するにあたり、一番おすすめできるのは『専任媒介契約』です。それぞれの媒介契約に特徴・メリットはありますがその中でも専任媒介契約はバランスが良く、初めて物件を売りに出す方でも安心して契約できる内容となっています。

    一般媒介契約の場合、複数の業者に依頼できるので早くに成約できそうにみえますが、仲介業者からしたら買い手・売り手の両方に付いて手数料を双方から得ることができる可能性が低いので積極的に販売活動をしてくれない場合が多いです。

    つまり、一般媒介契約よりも専任媒介契約・専属専任媒介契約のほうが買い手・売り手の双方と取引ができるので仲介業者としては利益率が高いことから積極的に販売活動を行うきっかけとなるのです。

    そして、専任媒介契約のほうが専属専任媒介契約に比べて、自身でも買い手を見つけることができるという、ある程度の自由度があることを踏まえると専任媒介契約の方がおすすめできます。もし、自身で買い手が見つかれば仲介手数料がかからずに取引ができるので少しでも高く売れる可能性を残しておきたい人にとっても専任媒介契約は適しています。

    専任媒介契約における注意点

    専任媒介契約は自由度もありつつ、仲介業者のサービスが受けられる上に積極的に販売活動を行ってもらえる特徴がありますが、以下のように注意しておくべき点がいくつかあります。

    • 簡単に契約解除できない
    • 手数料以外にも費用がかかる場合がある
    • 専任媒介契約を利用したからといって絶対に売却できるわけではない

    契約期間は3ヶ月と決まっており途中で契約解除ができません。また、追加で費用がかかる場合もあり想定外の出費が発生する可能性もあるので、少しでも高い金額で売却することを考えている人は3つの注意点を把握して専任媒介契約を結んでください。

    専任媒介契約は簡単に解除できない

    専任媒介契約は販売活動を積極的に行ってもらえるというメリットがありますが、仲介業者の能力によって成約までのペースに左右されるというデメリットがあります。そのため、あまり販売活動の進みが良くない業者に依頼した場合は契約解除の検討もしなくてはいけません。

    しかし、専任媒介契約の場合一般媒介契約と違って簡単に契約が解除できない上に、解除できたとしても違約金が発生してしまいます。

    なので、専任媒介契約で契約をする場合はまず信用できる業者か見定めてから依頼するように心がけることが重要です。

    手数料以外に費用がかかる場合がある

    基本的に、契約締結後に仲介業者が行う広告・宣伝活動については仲介業者負担なので支払いが発生することはありません。

    しかし、売り手側から更なる販売活動の促進のために広告・宣伝活動の依頼をした場合、追加で費用がかかる場合があります。

    売却がなかなかできないと追加で活動を依頼したくなることもあります。しかし、基本的に専任媒介契約で契約をしているのであれば業者は積極的に活動してくれているはずなので、うまく進まない場合は業者の力不足の可能性を踏まえて契約解除を視野に入れなくてはなりません。

    そのため、費用を追加で払うよりも最初の業者選びの段階で慎重になることで、販売活動の質がいい業者を選ぶことを意識した方が良いでしょう。

    専任媒介契約をしても売却できない可能性がある

    専任媒介契約では仲介業者が積極的に販売活動を行ってくれると説明しましたが、積極的に活動してくれても買い手が現れなければ売却はできません。なので、売却が叶わなかった時のことも想定して業者に依頼をする必要があります。

    とはいえ、売却をしたくて契約したのですから、売れないまま物件を放置しておくわけにはいかないでしょう。そこで、知っておきたいのが『不動産会社による直接買い取り』です。

    不動産会社に直接物件を買い取ってもらうことで、買い手が現れるのを待たなくても売却を済ませることができます。しかし、すぐ買い取ってもらえるメリットがある反面、市場価格の1~3割ほど安い価格で買い取りされてしまうデメリットもあるので、『売れる見込み』と『費用』の双方を踏まえて売却の検討をすることが大切です。

    囲い込みをしないか注意が必要

    両手仲介を実現するために、物件情報を市場に公開しない『囲い込み』を業者が行わないか注意しておく必要があります。囲い込みが行われると物件の売却が長引くという問題が発生するので、売り手側としては絶対に防ぎたいです。

    とはいえ、囲い込みが行われている業者かどうかというのは、WEBサイトや広告などをみたところでわかりません。そこで、当記事でおすすめの対策方法が『囲い込みをしているかどうか直接聞く』という方法です。

    直接伺うことで、囲い込みをしているかどうか確認ができるだけでなく、『こちらは囲い込み手法を知っている』ということを間接的に伝えられるので牽制の効果もあります。また、万が一囲い込みをしているのが発覚した場合は告発して行政処分をしてもらうこともできます。

    一括査定を利用して複数の不動産会社を比較

    囲い込みの心配があったり、売却がうまく進まない悩みがあったりと、これらの心配や悩みは仲介業者の質が高くなることで解決します。そのため、物件売却をする時は最初に『どこの業者に依頼するか』を慎重に決めなくてはなりません。

    そこで当記事では、どこの業者に依頼するか決めるために一括査定の方法で最適の1社を選ぶことをおすすめします。

    複数の不動産会社から査定を受けておくことで、自然と業者側からのアプローチもくるので、特別に手間をかけることなく複数の業者と関わりが持てるメリットがあります。そうすると、物件売却も自分の理想に近い方法で販売活動をしてくれる業者を選べる可能性が高くなりますし、物件の相場感を概ね掴むことが可能です。

    不動産売買をするなら『GMO賃貸DX』がおすすめ

    物件を売却したいオーナーには『GMO賃貸DX』がおすすめです。

    GMO賃貸DXには『売却査定』というサービスがついており、オーナーが物件を売りたいというニーズをいち早く捉え、管理会社に知らせてくれます。そうすることで、管理会社が仲介となり次のオーナーを探してくれたり、その後の管理の引き継ぎまでしてくれたりします。

    まとめ

    専任媒介契約は1社の仲介業者と契約を結び、売却するための販売活動などを依頼することができる契約方法になります。一般媒介契約や専属専任媒介契約と比べて販売活動が縛られすぎず、自身で自由に販売取引も可能なのでおすすめの契約方法です。

    しかし、専任媒介契約には簡単に契約解除できなかったり、囲い込みの心配があったりと注意すべき点もあるので把握しておかなくてはいけません。ですので、なるべく安心で理想的な業者と出会うためにも一括査定を利用するなどして、契約前の段階から慎重に業者選びをすることが大切です。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    CONTACT

    GMO ReTechでは、賃貸運営を楽にする
    をミッションにしております。
    賃貸業務でのDX(デジタルトランスフォーメーション)に関して
    お気軽にご相談下さい。

    キーワードKeywords
    業務効率化や売上アップにつながる「お役立ち資料」をチェック!無料ダウンロード
    無料でWeb相談
    無料ダウンロード