お問い合わせ
コラム記事Column

リアルエステートテックとは?|注目される理由と導入するメリットについて紹介!

IT技術の進歩により、身の回りの生活やビジネスシーンでもデジタル化が進行しています。不動産業界はアナログ体質だと言われ、デジタル化の進行が遅れている業界の1つでしたが、昨今リアルエステートテックという言葉が注目されるとともに少しずつデジタル化が推進されるようになってきました。

この記事では、リアルエステートテックとはどういうものなのか、注目される理由や導入のメリットなどについてご紹介します。

目次

    リアルエステートテックとは?

    昨今、不動産業界で注目されている「リアルエステートテック」とは、不動産を意味するリアルエステート(Real Estate)とテクノロジーを意味するテック(Tech)の複合語。テクノロジーの力により、これまでの商習慣を変えようとする仕組みや取り組みです。リアルエステートテックは「リテック」(Re-Tech)や「不動産テック」とも呼ばれています。

    アナログ体質と言われることの多かった不動産業界においてデジタル化を進めることには、業務の効率化、不動産取引の活発化、コスト削減などの効果が期待できます。

    リアルエステートテックを取り入れることによってどのようなことができるのか、詳しく見ていきましょう。

    リアルエステートテックでできること

    リアルエステートテックでできることの例は、以下の通りです。

    【リアルエステートテックでできることの例】

    • スマートロック:スマホを使って鍵の施錠ができる
    • 物件情報の一元管理システム:数多くの物件から条件を絞った検索ができる
    • 電子契約:メール上で契約を交わせる
    • 入居者とのメッセージ機能:入居者と気軽に連絡が取れる
    • オンライン内覧:実際に訪問せずにオンライン経由で自宅から物件の内覧ができる
    • 郵送不要で月次収支報告:月次収支報告をメールで行う
    • IT重説:オンラインサービスを利用して重要事項説明を行う

    リアルエステートテックを取り入れることによって、アナログの頃にはできなかったことが実現でき、業務負担を大幅に軽減できるでしょう。

    リアルエステートテックが注目される理由

    不動産業界の場合、不動産関連会社従業員の年齢層が他の業界と比べて高く、そのことでデジタル化がなかなか進まず、アナログ体質から抜け出せずにいる理由だと言われています。

    しかし、昨今リアルエステートテックが注目を集め、旧来のアナログ体質から抜け出そうとする動きが見られます。リアルエステートテックが注目される主な理由は、以下3つです。

    【リアルエステートテックが注目される理由】

    ● 離職防止につながる

    ● 2025年の壁

    ● GDP拡大の可能性が高い

    それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

    離職防止につながる

    厚生労働省が公表した「令和3年雇用動向調査結果の概要」では、不動産業(物品賃貸業を含む)の離職率は11.4%でした。入職率から離職率を引いた入職超過率を見るとマイナス0.4%となっており、業界で6番目に従業員が定着しにくい状況であるのが現状です。

    改善は見られますが、依然として離職率が高くなっている原因として、アナログ体質であるがゆえに業務効率化がなかなかできず、残業時間が多くなりがちであることが挙げられます。

    リアルエステートテックによって業務効率化が実現できれば、従業員の負担が大幅に軽減されるため、離職防止につながる可能性があります。

    2025年の壁

    2025年の壁とは、経済産業省が2018年に公表した「DXレポート」に記載されている、DX化の遅れが原因で発生する経済損失の問題です。

    DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、世の中が完全にオンライン化(デジタル化)されるアフターデジタル化へと進むステップの1つ。デジタル技術を社会に浸透させ、人々の生活をより良い方向に変革させることです。

    DXレポートによると、既存のシステムを使い続けることによって維持管理費が増大し、外部に管理を委託することでITエンジニアのノウハウが社内に蓄積されず健全なシステム運営がなされない結果、2025年には最大12兆円もの経済損失が生じると予想されています。

    リアルエステートテックを取り入れることによって健全なシステム運営が実現できれば、市場ニーズにいち早く対応できるため、業績拡大も期待できるでしょう。

    GDP拡大の可能性が高い

    内閣府公表の「国民経済計算(GDP統計)」の「2020年度(令和2年度)国民経済計算年次推計」によると、産業別のGDP構成比を見れば不動産業の占める割合は全体の12.3%と比率が高いことがわかります。

    アナログ体質がまだ残っている状況でも不動産業がGDPに占める割合が高いことを考慮すると、リアルエステートテックを取り入れて業務効率化を達成できれば、さらにGDPを拡大できる余地があるでしょう。

    潜在的な可能性、つまり伸びしろが大きいため、リアルエステートテックを取り入れることによって受けられる恩恵が大きいのが、不動産業なのです。

    リアルエステートテック導入のメリット

    リアルエステートテックが注目される理由がわかったところで、導入することにどのようなメリットがあるのか気になっている人も多いのではないでしょうか。

    導入費用だけが発生して業績悪化の原因になっては本末転倒ですので、リアルエステートテックのメリットをあらかじめ把握しておき、導入によりどのような恩恵が受けられるのか把握しておくことが大切です。

    リアルエステートテックを導入するメリットは、大きく以下の3点です。

    【リアルエステートテック導入のメリット】

    • 顧客体験がアップする
    • 業務の効率化ができる
    • オーナーや顧客とのトラブルを減らせる

    それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

    顧客体験がアップする

    顧客体験とは、顧客が企業の商品やサービスに対して興味を持って契約に至るまでの一連の流れのこと。企業が業績を伸ばすためには、契約数を増やさなくてはなりません。しかし、契約に至るまでの問い合わせを増やさなければ、契約数を増やすことは不可能です。

    例えば、コロナ禍などにより実際に物件を訪れることに抵抗がある人は少なくありません。しかし、オンライン内覧なら参加したいと考える、あるいはスマホを使って鍵を施錠できるスマートロックに対応していれば安全性が高いという理由で成約率が高まる可能性があります。

    スマートテックを導入することで、顧客に興味を持ってもらいやすくなるため、顧客体験がアップするでしょう。

    業務の効率化ができる

    従来の契約締結、内覧の実施、重要事項説明は対面を原則としていたため、関係者全員のスケジュールが合わず契約や手続きがなかなか進まないという問題がありました。

    しかし、リアルエステートテックを導入することで、対面での契約や手続きは必須ではなくなります。例えば、電子契約ではメール上で契約書を取り交わせますし、オンライン内覧では実際に訪問せずに自宅から物件の内覧が可能です。

    オンラインで重要事項説明を行う「IT重説」も試験的に導入されており、対面が当たり前だったこれまでの業務を大幅に簡略化することで、業務の効率化が期待できるでしょう。

    オーナーや顧客とのトラブルを減らせる

    業務の効率化は、オーナーや顧客とのトラブルを減らす効果も期待できます。人口の減少により労働人口を確保することが困難になっており、各企業では人手不足が深刻な問題です。

    不動産業も例外ではなく、小規模な不動産会社では繁忙期に電話対応に追われてしまい通常業務が後回しになる、経験の浅い従業員とベテラン従業員との対応差が原因でオーナーや顧客とのトラブルに発展するといったケースも少なくありません。

    AIのチャットツールや自動音声案内対応ツールなどを導入すれば、コア業務に専念しやすくなりますし、AIによる物件査定を取り入れれば経験値の差を埋めることも可能です。このようなリアルエステートテックを導入することで、顧客満足度の向上による新規顧客獲得の効果も期待できるでしょう。

    不動産管理業務におすすめのリアルエステートテック

    不動産業のデジタル化に向けて各企業がリアルエステートテックの提供を開始しています。そのため、不動産管理業務を手掛ける企業や不動産オーナーの中には、どの企業のサービスを利用すればいいかわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

    そこでおすすめなのが「GMO賃貸DX」です。GMO賃貸DXは、賃貸オーナーと入居者向けのアプリケーションプラットフォーム、不動産の賃貸手続きにおける契約の電子化サービスなどを提供しており、業務効率化や時間短縮の実現を可能にしています。

    商品サービスの充実だけでなく、カスタマーサクセスチームによる手厚いフォローも強み。商品活用を通じたDX化の推進もサポートしています。リアルエステートテックに興味のある方は、ぜひ一度お問い合わせください。

    まとめ

    昨今は、IT技術の進歩によって日々の生活だけでなくビジネスシーンでもデジタル化が推進されるようになってきました。しかし、不動産業はアナログ体質であると言われ、従業員の年齢層が他の業界と比べて高いことから、デジタル化がなかなか進まないのが現状かもしれません。

    しかし、デジタル化が進まないと時代の流れに対応できず、業務効率化が図れないため従業員の離職や顧客満足度の低下などの問題に発展する可能性があるので注意が必要です。

    こうした不動産業が抱える課題を解決するためには、自社に合わせたリアルエステートテックを導入することが喫緊の課題だと言えるでしょう。どのようなサービスを導入すれば良いのかわからないという方は、サポート実績豊富なGMO賃貸DXにぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

    この記事のポイント

    ● リアルエステートテックとは

    テクノロジーの力によりこれまでの商習慣を変えようとする仕組みや取り組みのこと。導入により、業務負担を格段に減らせる可能性があります。

     

    ● リアルエステートテック導入にはメリットが大きい

    顧客体験のアップ、業務効率化、オーナーや顧客とのトラブルを減らす効果が期待できるため、結果として業績拡大につなげることが可能です。

     

    ● 不動産業界のデジタル化は加速している

    不動産業界はデジタル化が遅れ気味ですが、世界ではデジタル化の流れが加速度的に進んでいます。顧客もデジタルに慣れてきており、業務効率化を図り顧客ニーズを満たすためにもデジタル化は喫緊の課題です。

     

    DX化について専門家のサポートを受けたい人はGMO賃貸DXに相談!
    >GMO賃貸DXの詳細はこちら

     

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    CONTACT

    GMO ReTechでは、賃貸運営を楽にする
    をミッションにしております。
    賃貸業務でのDX(デジタルトランスフォーメーション)に関して
    お気軽にご相談下さい。

    キーワードKeywords
    業務効率化や売上アップにつながる「お役立ち資料」をチェック!無料ダウンロード
    無料でWeb相談
    無料ダウンロード