GMO賃貸DX WEBメディア 賃貸オーナーや入居者向けのアプリをはじめとした、不動産テックやDXを推進する会社「GMO ReTech株式会社」が運営するWEBメディア。

コラム記事Column

オンライン内見のメリット・デメリット|利用シーンやオンライン内見当日までの流れを丁寧に解説

オンライン内見のメリット・デメリット|利用シーンやオンライン内見当日までの流れを丁寧に解説
お客様の物件契約を締結するまでの業務において、内見は特に時間と手間のかかる業務の一つです。 お客様にご紹介した複数の物件を内見するだけで、半日が終わってしまうにも関わらず、必ずしも成約するとは限りません。 それだけではありません。内見のたびに大家から鍵を預かり、お客様に同行して説明し、終わったら鍵を返却する必要があり、そのたびにアポをとる必要があります。 このような内見業務を効率化したいと思っているならば、オンライン内見の導入を検討してみてはいかがでしょうか。
目次

    オンライン内見のメリット

    オンライン内見のメリット

    オンライン内見は、仲介業務担当者にとっても、お客様にとっても、これまでの内見に比べて、次のメリットがあります。

    • 現地に行く必要がない
    • スマートフォン・パソコンから参加可能
    • リアルタイムで質問できる
    • 新型コロナウイルス感染のリスクがない
    いずれも、従来型の内見にはない特徴です。

    現地に行く必要がない

    現地に行かずに、オンラインで内見ができるようになると、仲介業務担当者は、物件の鍵の受け渡しをする手間も、お客様と待ち合わせて物件まで移動する時間も不要になります。

    その分の労力や時間を、お客様の要望により適した物件を探したり、より多くのお客様のご要望にお応えしたりする時間に充てることができます。

    夜間や定休日の場合でも内見してもらうことができます。 1件あたりの内見に掛かる時間が少ないため、少しでも気になった物件をすべて確認してもらうことも容易です。

    スマートフォン・パソコンから参加可能

    内見がオンライン化することで、仲介業務担当者もお客様も、手持ちのスマートフォンやパソコンから参加できるようになります。

    そのため、外出中であっても、自宅や、勤務先であっても休憩時間に内見することができるため、予定調整に悩む必要がありません。テレワークでもお客様のオンライン内見をご案内することができるようにもなります。

    さらにお客様にとっては、現地に家族や友人に付き添いに来てもらわなくても、スマートフォンやパソコンを使って一緒に物件を確認することができます。

    リアルタイムで質問できる

    オンラインといっても、対面で内見するときと同じように、お客様は疑問に思ったことをすぐに質問できます。

    また音声のみの内見もできるため、対面では聞きづらいことも聞きやすいといったメリットもあります。

    一方で、仲介業務担当者にとっても、即答できない質問に対して、お客様を案内している最中にオフィス内の別の担当者や、自宅からのチャットで他の社員に協力を得ることによって、お応えできる機会が増えます。

    これによって、事務所に持ち帰って調査してからお客様に回答する手間とタイムロスを減らすことができます

    新型コロナウイルス感染のリスクがない

    昨今は、新型コロナウイルス感染を嫌って、あまり外出しない人も増えていますし、対面での会話も避けられがちです。

    オンライン内見では、直接人に会う必要がないため、新型コロナウイルスに感染するリスクはありません。これは、お客様にとっても、仲介業務担当者にとっても、安心できるポイントです。

    ウイルス感染を気にされているお客様は、オンライン内見に対応しているか否かを業者選びの判断基準の1つになる可能性があるため、オンライン内見に対応していないことが、お客様を減らす要因になってしまいかねません。

    オンライン内見のデメリット

    オンライン内見のデメリット

    オンライン内見はメリットばかりではありません。下記のようなデメリットもあります。

    • 実際に現場に足を運んでいないため、不安が消えない
    • 通信状況によって画質が低下する
    • オンライン内見が有料サービスの場合がある

    それぞれ、どのようなデメリットなのか解説します。

    実際に現場に足を運んでいないため、不安が消えない

    実際に物件を見ていないために「実際はどのような雰囲気なのだろう」「家の周辺環境も気になる」など、不安が消えず、なかなか契約の判断ができないというお客様も一定数いることでしょう。

    物件の内部だけでなく、部屋から見る景色や、物件まで移動する途中で感じる街の雰囲気なども、実際に足を運ばないと得られない情報です。

    そういった不安要素を少しでも減らすよう努力することは、信頼できる不動産屋として評価を上げるチャンスでもあります。

    具体的には、あらかじめその物件の周辺の雰囲気をビデオで撮影しておいて、その近くの物件をオンライン内見されるお客様に見ていただくことや、部屋からの眺望も写真に撮っておくなどです。

    こういった努力は、ストックして他のお客様にも見ていただけるため、早くから始めておくことで、他社との差別化にもなります。

    通信状況によって画質が低下する

    オンライン内見は通信環境によって画質のクオリティが左右されます

    事務所の通信環境が常に良好だとしても、お客様の通信環境が十分でなければ画質は粗くなり、内見の満足度を下げてしまう恐れがあります。

    事前に接続試験をしておくことで、お客様のフラストレーションを防ぎ、チャンスを逃す機会が減ることでしょう。

    オンライン内見が有料サービスの場合がある

    オンライン内見サービスは不動産会社によって無料・有料と分かれており、1件あたり2000円ほどの手数料がかかる場合があります。

    オンライン内見を有料にした場合、顧客側の心理的ハードルが高まり、内見希望者の減少につながる懸念もあります。

    その対策として、オンライン内見後に同じ不動産会社の物件を賃貸契約した場合は、オンライン内見の費用をキャッシュバックしている不動産会社もあります

    オンライン内見の利用シーン

    オンライン内見の利用シーン

    このようにデメリットもあるオンライン内見ですが、どのようなお客様が利用されるのでしょうか?

    オンライン内見の利用は、下記のような要望の強いお客様に好まれます。

    • 契約のためだけに来店したくない
    • 現地の物件を見に行く時間とお金がない
    • 仕事の合間に気になる物件について知りたい

    また、オンライン内見サービスは、店舗への来店が億劫に感じている人には特におすすめです。

    契約のためだけに来店したくない

    遠方の方はもちろん、同じ沿線のお客様であっても、オンラインで物件情報を見て興味を持った物件の契約のためだけに来店したくはないものです。

    物件紹介から内見、契約手続きまで、すべてを家からリモートで完結できるオンライン内見やIT重説などのサービスが好まれています

    さらにはコロナの影響もあり、不特定多数が座る椅子に座ることも、気になってしまいます。

    そして、これはお客様だけでなく、仲介業者にとっても同じことがいえます。

    もはや多くの人が店舗にいる必要がなくなるために、ほとんどのスタッフが在宅勤務で効率よく業務を行えるようになります。

    内見や契約のためだけに店舗に行く必要がなくなるため、通勤時間がなくなる分、自由な時間を使えるようになります。また、子育てや介護で休職を余儀なくされてきたスタッフ達も、継続して働けるようになります。

    現地の物件を見に行く時間とお金がない

    進学や就職のため地方から上京するお客様や、転勤が決まったお客様のように、遠方にお住まいの客様が物件を探す場合や、同じ地域であっても、内見のために足を延ばすには、それなりの時間がかかるようなお客様にとって、オンライン内見は非常に魅力的です。

    特に県外に移転するお客様の場合、内見のために宿泊費や移動費を負担することとなり、時間だけでなく多くの出費が負担になります

    家族で転居先を探している場合には、夫婦での内見をご希望される方が多いと思いますが、実際に現地に行って内見する場合には、単純に費用が2倍になります。

    オンライン内見であれば、移動のための時間も費用もかからず、家族全員で物件を確認することができます。

    仕事の合間に気になる物件について知りたい

    お客様によっては、短期間の間になるべく多くの物件を吟味して選びたいという方がいます。

    しかしながら従来の内見は、実際に物件を1件ずつ訪れてる必要があるため、短時間で多くの物件を検討することができません

    一方、オンライン内見であれば、お昼休みや外出時の隙間時間、あるいは在宅勤務の場合でも会議の合間などに物件を見学することができるので、より多くの物件から選ぶことができるようになります。

    仲介業者業務担当者にとっても、実際の物件にご案内するのに比べて内見の所要時間が短いことと、オフィスに出社していなくても対応できることなどから、ひとりひとりのお客様によりきめ細かな物件探しをご案内したり、1日の中でより多くのお客様にご案内したりする余裕が持てるようになります。

    オンライン内見までの流れ

    オンライン内見までの流れ

    お客様が物件を探して、オンライン内見を行うまでの流れは、次の5段階で進んでいきます。

    1. 不動産会社のサイトや不動産情報サイトから「オンライン内見対応」の物件を探す
    2. 内見したい物件が見つかったら、オンライン内見申し込みを行う
    3. 不動産会社スタッフとオンライン内見の日時調整を行い、予約を確定させる
    4. 不動産会社からオンライン内見に参加するためのメールをもらう
    5. 当日はメール記載のURLからオンライン内見に参加

    注意する点としては、オンライン内見ではZOOMなどのビデオ会議ツールを利用するため、お客様は、信環境の良い場所で参加する必要があります。

    スマートフォンで接続する場合、契約プランによってはデータ通信量の増加やビデオ通話の画質低下というようなことが起こりえることをあらかじめお客様におことわりしておく必要もあります。

    オンラインで賃貸契約できるIT重説対応物件とは

    オンラインで賃貸契約できるIT重説対応物件とは

     

    オンライン内見が終わって、お客様が物件を決めたら、いよいよ契約に入るのですが、この契約手続きも長らくシステム化が難しいとして放置されていた業務です。

    賃貸契約については、重要事項説明(重説)と契約書の捺印取り交わしがあります。

    契約書の捺印取り交わしは郵送での対応が可能でしたが、重要事項説明は宅地建物取引士が対面で説明を行わなければならない決まりでした。そのため、どうしてもお客様に来店していただかざるを得なかったのです。

    ところが、平成29年10月から国土交通省によってIT重説が正式に認められたことで、直接対面することなく重要事項説明を実施できるようになりました。

    IT重説とは、テレビ会議などのITツールを活用して行う、賃貸借契約における重要事項説明のことを指します。

    事前に重要事項説明書を共有するなど、いくつかの決まりはあるものの、パソコンやスマートフォンの端末を利用して、ZoomやMicrosoft Teams、Google Meetのような対面と同様に説明や質疑応答が行える双方向性のある環境を用いて、自宅や出先から重要事項説明を受けられるようになりました。

    ただし、オンラインであっても説明を行うのは、宅地建物取引士であることが求められます。

    なお、オンライン内見サービス対象の物件は、オンラインで賃貸契約を完結させるために、たいていIT重説後に契約書などの書類や鍵の郵送を行っているケースが多々あります。

    まとめ

    これまで見てきたように、オンライン内見サービスにはデメリットがないわけではありませんが、それを望むお客様を取り逃さないためにも導入を検討してはいかがでしょうか。

    仲介事業者にとっては、オンライン内見サービスのデメリットはほとんどない上に、業務効率化やスタッフの生活の質の向上などさまざまなメリットがあります

    すべての物件をオンライン内見で対応することは難しいかもしれませんが、部分的であっても、導入効果は大きいはずです。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    CONTACT

    GMO ReTechでは、賃貸運営を楽にする
    をミッションにしております。
    賃貸業務でのDX(デジタルトランスフォーメーション)に関して
    お気軽にご相談下さい。

    キーワードKeywords