セミナーSeminar

【開催レポート】いえらぶGROUP社と共催ウェビナーを開いたので、内容を少しだけお届けします!

来たる3/26(金)16:00に株式会社いえらぶGROUP社と共催で、ウェビナーを開催しました。 今回はそれぞれが話すだけでなく、互いに意見を交わすパネルディスカッションにも挑戦。様々な意見が飛び交い、視聴者さんからも多くのコメントをいただきました。
目次

    こんにちは、GMO賃貸DXメディア編集部の中の人です。またまた共催でウェビナーを開催しました!

    残念ながら時間が合わず参加できなかった方のために、少しだけ内容をお届けしたいと思います。ちょっとでも興味がある…というみなさん、ぜひ本記事を読み進めていただければ幸いです。

    最後に大事なお知らせもありますのでお見逃しなく!

    どんなセミナー?

    いえらぶGROUPの当銘氏とGMO ReTechの後田氏が映ったアイキャッチ

    いえらぶGROUP社と一緒になって、オンライン上で開催したセミナーです。なんと週末の忙しい時間帯にもかかわらず、20名近くの方が参加してくださいました。本当にありがとうございます。

    メインテーマは「DXで変わる賃貸仲介・管理業務 不動産テック企業2社がDX事例を紹介!」です。お部屋探しから接客、入居後の賃貸仲介・管理業務における課題をDXを活用した解決方法を解説しました。

    タイムスケジュール

    司会者から本日のスケジュールについて案内があり、三部に分かれてウェビナーが進行しました。

    前半は二人によるパネルディスカッションが30分、後半は各講演が10分ずつとかなりタイトでしたが、質問もバンバン飛び交う位アクティブで、とても1時間では収まりきれない内容だったかもしれません。

    ここからはそれぞれのブロックでお話しした内容をコンパクトにまとめましたので、ぜひチェックしてみてください!  まずは今回の主役である登壇者の紹介です。

    自己紹介&会社紹介

    当銘氏のプロフィール

    いえらぶGROUPの当銘(とうめ)さんからです。もともと証券会社で務めた後、不動産テック業界で働くことに。プロダクトマーケティング課に所属し、様々な施策をおこなっています。ゴルフや温泉、お酒などが好きみたいです(笑)。多趣味でいいですね!

    後田氏のプロフィール

    続けてGMO ReTechの後田から自己紹介と会社紹介がありました。もともと庭師だった後田は、不動産業界に転職して今では弊社のエバンジェリストとして活動しています。年齢は30歳です。

    それぞれの自己紹介と会社紹介が終わったところで、早速パネルディスカッションへ。

    第一部:パネルディスカッション(対談)

    ウェビナーでのパネルディスカッションのスクショ

    第一部では「多様化する部屋探しとコミュニケーション」というテーマをもとに、二人がそれぞれの意見を話し合っていました。

    新型コロナウイルスの影響で、これまでは「直接物件へ訪問して内見」するのが当たり前だったのが、「内見はオンラインで」という対応の仕方が多くなったそうです。

    さらに在宅勤務などが普及したことで、住まい選びに何を重視するかも変わってきているそう。家に時間が増えたからこそ、仕事をできる環境はもちろん、家の中に「癒やし」の空間を求める傾向もあるとのことでした。

    第二部:各講演

    パネルディスカッション終了後、それぞれが用意した資料をもとに一人ずつ講演をしました。発表できる時間は一人あたり10分と僅かでしたが、お二人とも分かりやすい言葉に変換したりして丁寧にお話していたのが印象深かったです。

    お部屋探しもオンラインで完結

    当銘氏のスクショ▲資料をもとに話をするいえらぶGROUP 当銘氏

    新型コロナウイルスが広まる前から一部賃貸仲介業務を”オンライン”で取り組んでいたいえらぶGROUP。いまではオンラインで問い合わせや接客をおこなうのが一般的になりつつありますが、withコロナの時代には、完全にオンラインで賃貸仲介業務が完結できるのでは…という意見でした。

    そのためには、VRやAR(拡張現実)のような技術を活用していくのはマストですが、「外出をせずに部屋を決められる仕組みづくり」「物件をネット上でいかに魅力的に紹介できるか」「契約関係をすべてオンラインでできる」仕組みづくりが必要だと述べていました。

     

    デジタルツールの導入を積極的に

    後田のスクショ▲資料をもとに話をするGMO ReTech 後田氏。

    続いて後田のターンです。不動産業界が抱える課題は、まだまだ多く残っていますが、ハード面・ソフト面にわけて考える必要があります。

    いまでは老若男女問わず、持っているものといえば「スマートフォン」。いわゆるスマホの普及によって、私たちの生活はかなり豊かになったのは皆さんご存じですよね。そこでDXを進めるには、スマホのようなデジタルツールの導入が欠かせません。

    不動産業界においても、もっと積極的にDXを活用した取り組みが重要であると語っていました。

     

    第三部:質疑応答・まとめ

    質疑応答のスクショ▲GMO ReTech宮崎氏による司会進行の様子。

    最後に総括をしたうえで、質疑応答の時間でしたが、想像以上にたくさんの質問が届いたようで、10分だけでは足りない様子でした。

    実はいえらぶGROUPさんとの接点は、ウェビナーが初ではなく、以前に執行役員である松木さんにインタビューしています。こちらの記事も興味がある方はぜひ読んでください。

    松木氏インタビュー記事:不動産事業者の「楽」を叶える、業務システムの進化

    お知らせ!

    オーナーズエージェントとの共催セミナーのサムネイル

    なんと4/2、4/9の金曜日にウェビナーを開催! オーナーズエージェント社の山城氏と弊社の後田が対談します。2日間ありますが、全く同じ内容ではないので、両日参加しても全然問題ありません!

    こちらに詳しい情報がありますので、チェックしてみてください!

    無料ウェビナーについて
    今回セミナーに参加できなかったですが、資料は欲しい! という方は下記からお気軽にお問い合わせください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    CONTACT

    GMO ReTechでは、賃貸運営を楽にする
    をミッションにしております。
    賃貸業務でのDX(デジタルトランスフォーメーション)に関して
    お気軽にご相談下さい。

    キーワードKeywords